HOMECurriculum ≫ Commercial Pilot Licence
CPL
Commercial Pilot Licence

事業用操縦士コース
航空局指定航空従事者養成施設(本コース予定)

創始者 本田宗一郎が夢を描いて誕生させた、ホンダエアポートをスタートとして、プロへの第一歩を踏み出します。Honda Airwaysの教育実績が示している通り、これまでに多くの乗員を育成し、今日の航空業界を支えて参りました。これからも、単に試験に合格することに終わらず、真のプロフェッショナルを育成し続けることで、日本の航空業界で活躍し今後の発展に寄与できる人材を育成します。
学科教育時間配分 (PHASE1課程160時間含む)
科目 教育時間 合計時間
航空の安全に関する一般知識 25.0 460.0
救急法
プロフェッショナルとしての知識の醸成
航空気象 220.0
空中航法
(1)地文航法、推測航法及び無線航法
(2)飛行計画
(3)運航管理
(4)人間の能力と限界(ヒューマン・ファクターを含む)
航空通信(概要)
航空法規(航空交通管制及び航空情報を含む)
航空工学
(1)飛行理論
(2)航空機構造
(3)航空機装備(動力装置含む)
(4)航空機整備
(5)重量重心位置
185.0
航空機の取扱いに関する一般知識
航空機の操縦に関する一般知識
試 験 30.0
実技教育時間配分 (PHASE1課程70時間含む)
航空従事者養成施設
指定申請・審査要領における教育課目
標準教育時間 合計時間
同 乗 機 長
実 機 FTD 実 機 FTD
1. 飛行場及び場周経路における運航 23+50 3+10 15+10 - 42+10
2. 各種離陸及び着陸並びに着陸復行及び離陸中止
3. 基本的な計器による飛行 5+40 2+30 6+00 - 14+10
4. 外部視認目標を利用した飛行を含む空中操作及び型式の特性に応じた飛行 20+20 8+40 16+35 - 45+35
5. 野外飛行 20+10 9+40 37+15 - 67+05
6. 夜間の飛行(野外飛行の経験を含む) 3+00 - 2+00 - 5+00
7. 異常時及び緊急時の操作 (2+00) - - - (2+00)
8. 技能審査 - - (7+15) - (7+15)
合計 70+00 24+00 75+00 -
169+00
(含FTD 24+00)
※履修時間は変動する場合があります。予めご了承ください。
Cassna 172S Skyhawk - Performance -
Maximum Cruise Speed : 124ktas (230km/h)
Rnage : 640nm (1,185km)
Maximum Operating Altitude : 14,000ft (4,267m)